水中写真・動画撮影 空 良太郎 - 沖縄の珊瑚礁と魚達

水中撮影 空 良太郎 - 沖縄の珊瑚礁と魚達

クマノミとハートマークの卵

トウアカクマノミ ハートマークの卵

日本で見られるクマノミ亜科のなかで最も個体数が少ないとされているトウアカクマノミ。
ダイバーの間ではとても気が強いことでも良く知られている。

クマノミの仲間は水温が上がり始めるとイソギンチャクの陰に卵を産む。
沖縄でも初夏になるとあちこちのクマノミが卵を産み始める。
水温は24度ぐらいのときが多いと思う。

卵は最初は綺麗なオレンジ色をしている。
その後、赤色になり、最終的には透明になる。
透明なころには眼がはっきりとわかるようになる。

撮影地 沖縄本島恩納村 クロスライン

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks