水中写真撮影 空 良太郎 - 沖縄の現地ダイビングガイド

水中写真撮影 - 沖縄の現地ダイビングガイド

弾薬箱・第二次世界大戦の戦争遺跡

弾薬箱・第二次世界大戦の戦争遺跡

弾薬箱(だんやくばこ)、アムニッションボックス(英語: Ammunition box)、アンモボックス(英語: Ammo box)は、弾薬の安全な保管と輸送のために設計された容器。アモ缶またはアモカン、アーモボックスとも呼ばれる。歴史的には、木箱や段ボールも弾薬の包装と保管の方法として使用されてきた。

URL: 読谷村の残波岬で大量のライフル「M1ガーランド」発見
撮影カメラ: CANON PowerShot G7 X Mark II
水中ライト: RGBlue(アールジーブルー) 1灯
撮影地: 沖縄 読谷村 残波岬

撮影者について

株式会社 ワールドダイビング代表取締役ワールドダイバー
北海道小樽市生まれ。沖縄、サイパン、タイのダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。2011年に沖縄でワールドダイビングを設立。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。ダイビングインストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。

愛機はNIKON D810、CANON PowerShot G7 X Mark II、Gopro HIRO9 BLACKです。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE